ニキビについて

/ / ケア

Q.背中ニキビってどうやってケアしたらよいの?

背中ニキビのケアの方法

背中ニキビのケアの方法

9 Nov 2015

背中ニキビがもしできてしまった場合は、とにかく悪化させないようにすること、また、ニキビ跡にならないように注意することが大切です。 具体的な注意点を挙げていきます。

・とにかく触らない!いじらない!潰さない!

背中にぽつんとできてしまったニキビ。とても気になりますよね。つい触ったり、かゆくてかいてしまいたくなったりするかもしれません。 しかし、手や爪には雑菌がたくさんいます。その手で炎症を起こしているところを触ると、ばい菌が入ってしまって炎症が酷くなってしまったり、また、爪でひっかいて潰してしまうとニキビ跡となってしまいます。極力いじらないように気を付けましょう。

また、硬いナイロンタオルなどでゴシゴシこすって洗うのが好きな方は要注意!ニキビを傷つけて潰してしまうことがあります。そこからニキビ跡や黒ずみとなってしまうのは容易に想像ができます。 ニキビのあるところは素手や柔らかいタオルでとにかく優しく洗ってあげましょう。

・保湿をたっぷりしてあげる

背中ニキビの一番の要因は乾燥。肌が乾燥すると、皮膚の内側を守ろうと皮膚を硬くして外部の刺激から守ったり、皮脂を過剰に出して潤いを保とうとします。 皮膚が硬くなると毛穴が圧迫され、その過剰な皮脂が外に出られなくなってしまい、菌が繁殖します。そこから炎症が起こり背中ニキビとなってしまうのです。 なので背中もしっかり保湿を行うことが大切なのです。

背中ニキビができてしまったら、殺菌や抗炎症成分の薬などを使いたくなりますがそれだけでは不十分。肌を清潔な状態にした後は、肌のターンオーバーの働きをよくするために保湿をたっぷりしてあげることが大切です。 十分に保湿できている肌は柔らかく、肌の機能が正常に働いているため肌トラブルが起こりにくく、肌トラブルが起こってしまった後に保湿をしっかり行うと治癒力がアップします。 特に背中の皮膚は厚いので、保湿成分が浸透しやすく、保湿力の高いものが望ましいです。

・生活習慣の乱れを整える

背中ニキビをはじめとする肌のトラブルは、外的な要因も大きくありますが、身体の内面からのSOSの可能性もあります。 ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れであったり、運動不足など汗をかかない生活で血行が悪くなっていたり、偏った食生活により肌荒れが起こっていることがあります。

ストレスが溜まっているときは自分なりの方法で発散したり、ゆっくりと休養をとりましょう。睡眠不足も肌荒れの大敵。お肌のゴールデンタイムと呼ばれる、22時~午前2時までの間は、肌のターンオーバーが活発に行われます。その時間帯に睡眠をしっかりとるのが理想です。

また、適度な運動で汗をかいて、老廃物を排出し血行を良くするのも背中ニキビケアのひとつです。血行不良が起こると、細胞に必要な栄養が行き届かなくなります。そうなるとお肌のターンオーバーが正常に機能しなくなり、古い角質が毛穴づまりを起こしてしまうのです。血行促進することで、新しいお肌へと生まれ変わることができるので、背中ニキビが悪化せずに良い方向へと改善していくでしょう。

・汗の処理をしっかりして、衣服や寝具を清潔に!

上記で汗をかくのが大切だといいましたが、汗をかいたままにしておくと菌が発生し、背中ニキビの原因となってしまいます。汗をかいたらしっかり拭き取り、また汗の染み込んだ衣類はすぐに着替えることが望ましいです。

そして特に気を付けたいのが寝具です。寝ている間はたっぷり汗をかきます。その汗の染み込んだシーツや枕は菌がたくさん・・・。そこから背中ニキビへ菌が付着し悪化・・・という悪循環になってしまいます。

清潔な衣類、寝具で過ごすことが背中ニキビ悪化を防ぐ大切なケア方法です。

また、衣類の素材や洗濯洗剤、身体を洗うボディソープは低刺激のものを選ぶことにも気を付けましょう。

※個人の意見・見解であり、効果効能を保証するものではありません。
※コラム内容は、本商品に直接関係するものではありません。