ニキビについて

/ / あごニキビ

Q.あごニキビが治らないのは何故?

あごニキビが治らないのは何故?

治らないあごニキビの理由

19 Jan 2016

あごニキビの大半が赤ニキビと言われています。そして、その赤ニキビとは炎症によって起こるものなのです。そのため、触れるとピリッとした痛みが生じます。それは大した痛みではありませんが、微妙な痛さのためにどうしても気になってしまうのです。それは非常に危険なことなのです。しかも、あごニキビが治りにくいとあってはその危険性がますます増していきます。ですのでここではあごニキビが治らない原因と、治らないからこそ気をつけたほうがいいことをご紹介します。

あごニキビが治らない

あごニキビができる原因はそれなりのものがあります。そして、どれだけあごニキビを治したいと思っても原因が残り続ける限り治すことは難しいでしょう。ですので、まずはあごニキビができた原因を知るところから始めましょう。

あごニキビの原因その一、胃腸の乱れ。あごニキビは胃腸が乱れている証拠と言われますがそれはその通りなのです。そして、胃腸が乱れるということは食生活にも乱れが生じている可能性が大きいです。ですので、あごニキビを治すなら胃腸の乱れを整えるためにバランスの良い食事を心がけましょう。

あごニキビの原因その二、毛穴の汚れ。赤ニキビの原因は汚れと肌の抗体による戦いです。そのため、あごに汚れが溜まっていれば炎症し続け、時間が経てば悪化もするでしょう。ですので、毛穴の汚れを排除するためにもしっかりと洗顔をしましょう。

以上の2つがあごニキビの原因であり、あごニキビが治らない元凶なのです。

あごニキビの気をつけるところ

あごニキビの気をつけることはただ一つ。気になるからといってあごニキビには触らないことです。あごニキビを触るということは指についている菌や汚れをあごニキビに送っていることでもあります。それでは治るどころか悪化させるだけです。さらには、あごニキビを誤って潰してしまう可能性もあります。ですので、絶対にあごニキビには触らないようにしましょう。

※個人の意見・見解であり、効果効能を保証するものではありません。
※コラム内容は、本商品に直接関係するものではありません。