ニキビについて

/ / おでこ、眉間ニキビ

Q.おでこニキビが治らないのはなぜ?

おでこニキビが治らないのはなぜ?

治りにくいおでこニキビ

22 Jan 2016

おでこニキビは、顔にできるニキビの中でも比較的治りにくいとされています。見栄えもしませんし、何とか早く治したいと思っているのになかなか治らないと焦りますよね。そんなあなたに、おでこニキビがなぜ治らないのかを簡単に説明しましょう。

皮脂はアクネ菌の栄養分

まず覚えておいてほしいのは、おでこから鼻にかけては「Tゾーン」といって皮脂の分泌が多いことです。思春期のニキビがここに集中するのも、皮脂の分泌量が多いゆえなのです。ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂によって増殖してしまう特性を持っています。つまり、おでこは根本的にニキビができやすく、治りにくいものだと理解しておく必要があるのです。

隠そうとするのは逆効果

だからといって、前髪で隠してしまうと、おでこニキビはいつまでたっても治りません。おでこニキビの原因のひとつは額への刺激ですが、前髪が刺激になってしまうためです。ニキビを隠すために前髪で隠し続けることは、ずっとおでこに刺激を与えていることにもなります。これでは治るものも治りませんので、開き直っておでこを出すぐらいでいいのです。

ストレスたまっていませんか?

とはいえ、なかなかニキビが治らないとストレスになってしまいますよね。でも、そのストレスもニキビの大敵なのです。ストレスがたまると、男性ホルモンの分泌が増え、それによって皮脂の分泌が増えるからです。男性だけでなく、女性の体内でも男性ホルモンは分泌されていますので、注意が必要です。
おでこニキビを早く治したいと気ばかり焦っても逆効果なのです。なってしまったものは仕方ないと、のんびり構えておく方がストレスにならず、治りが早くなるのです。

※個人の意見・見解であり、効果効能を保証するものではありません。
※コラム内容は、本商品に直接関係するものではありません。